東京・練馬でパソコン指導、ホームページ作成、システム開発の「IT塾ドットコム」 http://itjuku.com

お気軽に、お問い
 合わせください!
1日に数回つぶやいています。 ぜひご覧ください!
IT塾・増田
月〜土:10時〜19時
IT塾ドットコム
2019年08月22日(木)
IT塾/見出し IT塾トップ
IT塾/見出し 新着情報
IT塾/見出し システム開発
IT塾/見出し ホームページ作成
IT塾/見出し パソコン・IT指導
IT塾/見出し コボル・プログラミング受託
IT塾/見出し ボランティア・プロボノ
IT塾/見出し スカイプで無料電話相談
IT塾/見出し お問い合わせ
IT塾/見出し リンク集
IT塾/見出し サイトマップ
IT塾/見出し 【番外編】パソコン活用ABC
IT塾/明細 メール活用編
IT塾/明細 メールで使えない文字
IT塾/明細 特殊文字と罫線文字
IT塾/明細 添付ファイルが開けない
IT塾/明細 ユーザーの切り替え
IT塾/明細 受信メールを自動で振分け
IT塾/明細 エラーメッセージ編
IT塾/明細 ウィンドウズのエラー
IT塾/明細 メールのエラー(設定編)
IT塾/明細 メールのエラー(送受信編)
IT塾/明細 セキュリティで保護・・・
IT塾/明細 インターネット編
IT塾/明細 機種依存文字
IT塾/明細 その他
IT塾/明細 「送る」フォルダの設定方法
IT塾/明細 CD/DVDラベル印刷
IT塾/明細 サウンド・チェック
IT塾/明細 サウンド・トラブル対応
IT塾/明細 キーボード・ショートカット
IT塾/明細 デスクトップ・ツール
IT塾/明細 プリンター・インクの詰替え
IT塾/明細 パソコンでビデオ編集
IT塾/明細 ビデオ縮小画像作成
IT塾/明細 テレビのメモ(静止画)
IT塾/明細 パソコンの省エネ
IT塾/明細 ノートPCに外部モニタを
IT塾/明細 プリンタの設定を保存する
IT塾/明細 エクセルにパスワードを

IT塾/連絡先メール IT塾/連絡先メール
IT塾/連絡先携帯 IT塾/連絡先携帯
19時〜22時まで
IT塾/連絡先電話 050-3786-8600
※IP電話(全国一律)
月〜土:10時〜19時、日祝休
IT塾/連絡先ファックス IT塾/連絡先ファックス
IT塾/スカイプ電話 スカイプで無料テレビ電話
ログイン状態
ここがオンラインなら在席してます ↑
IT塾/パソボラブログ パソボラ ブログ
IT塾/お知らせ(開始)
[営業時間]
 日曜・祝日を除く
 10:00〜19:00まで
 ※土曜は営業!!
[担当]‘増田’まで
 お気軽にお問い合わせ下さい。 m(_ _)m
IT塾/お知らせ(終了)

《2019年8月 営業日》
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
休日 営業
計:14275 今日:031 昨日:041

メールで使えない文字

IT塾 トップ【番外編】パソコン活用ABCメール活用編メールで使えない文字
[次ページ]

メールの文字化けを防止しよう

受信したメールが文字化けして読めない、送信した人からメールが文字化けしているという苦情を受けたという例が多いようです。そこで安心してメールで使える文字について、以下にまとめました。

≪目次≫

【1】メールで使うのは好ましくない文字
【2】メールのSubject:(件名:)の欄について
【3】メールの本文について
【4】海外に送信するメールについて
【5】メール本文の1行の長さについて
【6】メールに添付するファイルの名前



【1】メールで使うのは好ましくない文字

自分が送信したメールを受信者がどのようなコンピュータで読むか,通常, 分かりませんので,標準的な文字のみで記述することが原則です。 以下に例示する罫線素,特殊文字,半角カナ,拡張漢字や外字は使うのを避けてください。 送信文中にこれらの文字が存在すると,受信側で文字化けする可能性が大です。
  1. 罫線素の例:
  2. 特殊文字の例:
    •  などの○で囲まれた数字
    •  などのローマ数字
    •  などの単位や略号
  3. 半角カナ: などの他に以下の文字が半角カナに含まれます。
    • 半角の句読点
    • 半角のカギカッコ
    • 半角の中点と長音記号
    • 半角の濁点と半濁点
  4. 拡張漢字の例:人名,地名で使われる以下の漢字はJIS漢字に含まれていません。

    → 通常は「崎」「高」「青」「黒」「羽」「神」で代用します。

なお,以上の文字はメールだけでなく,ネットワークを介してやり取りする情報,例えばホームページを記述する際にも使うのを避けてください。


【2】メールの Subject:(件名:)の欄について

メールの Subject:(または「件名:」)の欄には,半角英数字のみを入力してください。上記【1】以外の文字でも日本語文字を使うと,受信側で文字化けする可能性があります。
ただし,相手が日本語の件名でも読めることが確認できている場合は,その限りではありません。
初めての相手に送信する場合は,半角英数字のみにした方が無難でしょう。

【3】メールの本文について

メール本文には日本語文字が使えます。ただし,上記【1】に示した文字を使うことは避けてください。

【4】海外に送信するメールについて

一般に海外で利用されているコンピュータでは日本語が表示できません。 そのようなコンピュータに漢字や半角カナを含めたメールを送信するとその部分が文字化けします。
したがって,たとえ相手が日本語の読み書きのできる人でも,日本語が表示できるコンピュータを利用していることが確認できていない場合は, Subject(件名)や本文に漢字と半角カナを含めるのを避けてください。
つまり,入力する文字は,キーボードから直接入力できる半角のアルファベット,数字,記号のみにしてください。 空白も全角ではなく,半角にしてください。

《参考》入力の際には,カナ-漢字変換でなく,「直接入力」モードにしておく方が無難でしょう。


【5】メール本文の1行の長さについて

メール本文の1行の長さは,受信側での読みやすさに配慮し,全角文字で30文字程度に抑えてください。1行が 30文字程度以上になる場合は,適宜改行した方が受信者は読みやすいでしょう。

【6】メールに添付するファイルの名前

パソコン用メールソフトではワープロの文書ファイルなどを メールに添付して送ることができるようになっていますが, 添付ファイル名に日本語等の全角文字を使うと, 受信側のメールソフトによってはファイル名が文字化けして ディスクに保存できない場合もあります。ファイル名は半角の英数字で 指定する方が無難です。




[次ページ]
IT塾 トップ【番外編】パソコン活用ABCメール活用編メールで使えない文字
最終更新:2011/03/06 03:51 (日)
Copyright (c) 2007 IT塾ドットコム All rights reserved.